マンションなどの集合住宅に住んでいる方が、NURO光への申込みを検討する際、料金やキャンペーン以外で気になるのが開通工事のこと。NURO光のマンションタイプを申込した場合の、開通までの流れ、工事の方法や料金について、わかりやすく説明していきます。

マンションでNURO光を利用する場合、2つの選択肢がある

NURO光をマンションやアパートで利用する場合、建物の階数や総戸数、建物内の契約数によって「NURO光」か「NURO光 for マンション」のいずれかのプランに申込みをします。

「NURO光」は7階建て以下のマンション・戸建に対応、「NURO光 for マンション」3階建以上で40戸数以上かつ4世帯以上の契約数があるマンションに対応したプランで、それぞれ申込み後の流れや必要な工事に違いがあります。

公式サイトの「マンション検索」「サービス提供状況」「設備導入状況確認」を利用することで、自分の住んでいるマンションでのNURO光の利用可否や、適した料金プランの確認が可能。気に入ったプランが見つかったらWebまたは電話で申込みをします。

マンションでNURO光を申込するときの注意点

「NURO光」や「NURO光 for マンション」の申込みの際、賃貸契約のマンションの場合はマンションの管理会社や大家さんに、光回線の開通工事を行う許可をとる必要があります。

開通工事自体は大かがりなものではなく、1時間程度で完了する簡単な配線作業であるということをわかりやすく伝え、相手に不安や不信感をもたれないように真摯に相談をする形で、承諾を得ることが大切です。

物件に傷をつける可能性も

また、NURO光の工事では他の回線業者とは異なり、戸建てなど建物の仕様によって、外壁に光キャビネットという光ファイバーを収納する、縦18.3cm、横7.7cm、奥行3.7cmのリモコンくらい大きさの箱を取り付ける場合があります。

マンションなどの集合住宅では、MDFと呼ばれる配電盤を利用するため、実際に光キャビネットを取り付けるケースはほとんどないのですが、2階建ての小規模アパートなどで配電盤がない事例もありますので、可能性はゼロではないことは認識しておきましょう。

「NURO光」の開通までの流れと工事方法

「NURO光」は7階以下のマンションや戸建に対応していますが、マンションと戸建てでは必要な工事方法が異なります。ここではマンションなどの集合住宅で利用する場合について説明しています。

STEP1:申込み
公式サイト内のマンション検索・サービス提供状況を確認の上、Web・電話にて申込。

STEP2:工事日の決定
申込の際には、希望工事日を指定。希望が通った場合は、工事日の直前または当日に担当者から電話があります。希望した日が難しい場合は、NURO光から日程調整の連絡がきます。

STEP3:宅内工事(1回目の工事)

So-netの指定業者が行う、外から室内に光ファイバーを引き込む工事となります。自宅のパソコンと光ファイバーを接続するONU(ホームゲートウェイ)を室内に設置し、マンションのMDF(配電盤)を利用して宅内へ引き込みをした光ファイバーと接続します。特に問題がなければ、約1時間程度で完了。

MDF(配電盤)には鍵がかかっている場合も多いため、工事の際は解錠してもらえるように管理会社にお願いしておきましょう。MDF(配電盤)の鍵がかかっていて作業ができず再工事となるケースも実際にあるので、注意が必要です。

この工事で、MDF(配電盤)がない建物の場合は、外壁に光キャビネットを取り付けを行い、室内に光ファイバーを引き込みます。室内での作業もあるため、必ず立会いが必要となりますが、契約者本人と連絡がとれるのであれば、家族や友人が立ち会うことも可能です。

STEP4:④屋外工事(2回目の工事)~開通

NTTの指定業者が行う、電柱からMDF(配電盤)まで光ファイバーを引き込む工事となり、MDFがない場合は、1回目の工事で設置された光キャビネットまで引き込みをします。

1回目と同様に、契約者本人または、本人と連絡が取れる家族や友人の立会いが必要。

「NURO光 for マンション」の開通までの流れと工事方法

1、NURO光 for マンションが導入されている場合

STEP1:申込み
プランの内容を確認の上、Web・電話にて申込。

STEP2:工事日の決定
NURO光から宅内工事日について連絡があり、工事日を決定。

STEP3:宅内工事~開通

「NURO光」プランの宅内工事と同様。So-netの指定業者が行う、外から室内に光ファイバーを引き込む工事となり、立会いが必要。

NURO光 for マンションが未導入の場合

STEP1:エントリー
居住マンション内で、4世帯以上の申込が集まった時点で、公式サイトにて必要な情報を入力し、エントリー登録。(4世帯以上集まっていなくてもエントリー自体は可能)

STEP2:設備導入に向けて交渉
営業代理店が、マンションの管理者やオーナーにNURO光を導入する交渉に入ります。

STEP3:設備導入
交渉成立後、現地調査を経て設備導入工事の実施。立会い不要。

STEP4:工事日の決定
NURO光から宅内工事日について連絡があり、工事日を決定。

STEP5:宅内工事~開通
「NURO光」プランの宅内工事と同様。So-netの指定業者が行う、外から室内に光ファイバーを引き込む工事となり、立会いが必要。

NURO光の工事料金

NURO光の開通工事費はプランに関わらず、40,000円(税抜き)となっており、毎月の料金から自動的に1,333円×30ヶ月の分割で請求されます。一見、高額な料金にみえるのですが、実際には「工事費割引」という名目で、分割金額と同額の1,333円が引かれるため、実質は無料となります。

現在行われている「NURO光 for マンション」のキャンペーンでは、工事費を30回の分割ではなく、毎月1,111円×36回の分割に設定しており、特典として、分割金と同額の1,111円を割引することで実質無料としています。

いずれのパターンも、いったん請求してから同額を割引する仕組みになっています。この割引方式のデメリットは、「割引期間中に解約をした場合、残りの分割残額を一括で支払わなくてはいけない」ということ。

解約金について

NURO光は24ヶ月ごとの定期契約のため、更新月以外の解約時には、契約解除料金として9500円(税抜)が発生します。そのため、もし短期間で解約した場合には、契約解除料と工事費分割金の残額が全て一括請求となってしまうのです。

このことから、工事料金の実質無料の仕組みは、短期解約の抑止力となっているので、契約する場合は、こうしたデメリットも理解した上で選択をすることが理想です。